避妊をする為に必要な方法はいくつもあります。一般的なのはピル、コンドームですが、その他にも女性の膣に器具を挿入するタイプ等もありますので、避妊を継続して行いたい方にとっては強い味方となります。避妊について色々な知識を身につけましょう。

WIKIに蕁麻疹の種類が解説、避妊具で性病を予防

“¥日常生活の中で、突然、蕁麻疹ができてしまうことは珍しくありません。
肌がかゆくなったり、皮膚が腫れて、赤い湿疹ができるという症状を示すことが一般的です。
そんなとき、よく、変な性病に感染したのではないかと心配する人がいます。
しかし、そんな心配は無用です。
蕁麻疹と性病とは、基本的には関係がありません。
WIKIに記載されている「病気の一覧」を見ても、性病は記述されていないのです。
一口に蕁麻疹と言っても、その種類や発症の原因はさまざまです。
WIKIでも、「全身性の発疹」と「限局性の発疹」とに大別され、さらにその中で細かく分類されています。
ですから、性器やその周辺部に蕁麻疹が発生しても、性病の可能性というのは決して高くはありません。
性病であると疑えるような心当たりがあるのならともかく、そうでないのなら、あわてずに、ほかの原因を探ったほうが賢明でしょう。
なお、性病をそこまで恐れるのなら、そして、妊娠を望んでいないのなら、性行為に際してはコンドームを着けることで、性病予防の有力な防御となります。
もちろん、コンドームは、本来は避妊のためのツールであって、性病予防のために使用されるものではありません。
また、コンドームを装填していても、それでも予防できない性病もあります。
それでも、避妊具としてのコンドームを着けるだけで、かなり性病感染のリスクを下げることが可能となります。
性病の感染リスクを少しでも下げるために、避妊具を有効に活用するのが得策です。
ちなみに、WIKIでも掲載されていますが、オーラルセックスでも感染する種類がありますので、病気を避けるためには、フェラチオやクンニリングスも避けるべきです。